ザガーロへの想いは誰にも負けない!俺のデュタステリド情報

お得なジェネリックの通販

■ザガーロとは?
この薬は平成27年9月28日に承認されたばかりのAGAの新治療薬です。新顔ではありますが薬剤名「Dutasteride」を有効成分とし、その強力な発毛効果に知名度もうなぎのぼりのようです。発売は平成28年6月13日で、GSK社より売り出されていて、名前の由来は、究極という意味のアルファベット最後の文字ゼット「Z]と、「AGA」の3文字から名付けられたそうです。
入手には処方箋が必要ですが、海外から通販でジェネリック薬を個人輸入することもできます。ジェネリック薬は色々な会社が販売しており同じGSK社が海外用に発売している「アボダート」や、KocakFarma社の「デュタプロス」、ドクターレディーの「デュタス」などがあります。因みに通販サイトで買えるジェネリック商品の値段は0.5mgで1錠100円前後なので、やはりお得です。
通販と思うと偽物もあるかもと思われるかもしれませんが、有名な大手のサイトや口コミ、買い物方法の説明などを吟味すれば安心でしょう。

■従来の5アルファ還元酵素阻害薬との違いは?
従来のプロペシアとの違いとともに薬理作用や、強い効果の謎をひも解いてみると、古参のプロペシア(フィナステリド)の方はこの還元酵素の2型だけを阻むのに対し、ザガーロは1型と2型の両方をブロックして、DHT濃度を低下させ、軟毛化を阻止するとともにヘアサイクルを正常化していくのです。
更に2型に対する反応はフィナステリドよりも3倍も強力で、デュタステリド0.5mgはフィナステリド1mgに比べ発毛促進効果は1.6倍になるとされます。なので、プロペシアではもう一歩という場合はこちらへ切り替えたり、最初から本剤を使用するという手もありなのではないでしょうか。

■飲み方や注意点は?
飲み方は通常、0.1mg1カプセルを1回/日経口摂取します。必要とあらば0.5mgへ増量していくというのが一般的とされます。
プロペシア同様にザガーロも注意すべきは経皮接触で吸収される薬のため、使用者は小児や女性に触れないよう注意が必要です。女性が触れた場合に妊娠の可能性があると男の胎児の陰嚢や陰茎などの生殖器に発育異常を来たします。もし触れてしまったという時には、触れた皮膚を石鹸と水で良く洗ってもらいましょう。
その他には使用者の輸血が出来ないことです。献血好きな方は一旦献血のお休みが必要ですね。